2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
7DのAF設定
- 2011/01/24(Mon) -
7DのAFの動きが判らないなら実践でテストなのだと室内で色々と設定を変えて試しました。
カーテンやソファーの前のテーブルに立てた、嫁の真っ赤な化粧品のビンが被写体です(笑)。
皆さんもこんなのでAFの動きを見て下さい、良く分かりますよ。

ポカ

IMG_9661.jpg

IMG_9667.jpg

佐為のバックボルト

IMG_9712_20110124221817.jpg

IMG_9727.jpg

レリーズはピント優先/被写体追従優先です。

ゾーン9点で撮った朱那

IMG_9746_20110124221816.jpg

IMG_9763.jpg

ピントが合わないのにシャッターが切れても仕方がないので。
と言いながらこの写真みたいにピントがバックに抜けると見事な後ピンです。

IMG_9764.jpg

IMG_9767_20110124221951.jpg

測距連続性優先は人間のように前後に幅にない物には使えます。
前後に長い犬だとピントが手前に有る物を障害物として無視するので、後ピンの用な動きになります。
今まで何枚もこんな写真ばかり撮ってきましたが、犬だと顔を狙っても胴体にピントが来るような感じです。
でもこのモード、スピードが遅いときはこちらに走ってきてもちゃんと手前にピントが合うので気が付きにくいです(笑)。

IMG_9774.jpg

こちらに走ってくる前後に長い物を撮るときは測距中心優先が○。

19点AFは前後の動きの少ない物で、AF枠から少しはみ出す程度の被写体を撮るときには使えます。
例えば2頭のワンコがその場所でじゃれ合ってる時など。
つまりフリーを撮るときに近い位置でのトリックなら構図だけに専念してピントはお任せで撮れるのかな?
これは今週末のNDA香川琴弾廻廊のフリー1ラウンド目はオート19点とゾーンAFで試させていただきましょう。
決勝は領域拡大かゾーンで行きますか。

領域拡大5点で撮ったディスクドッグの太一君。

IMG_9810.jpg

IMG_9811.jpg

IMG_9812.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | カメラ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<7DのAIサーボ考察 | メイン | 土器川練習会Ⅱ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://apro.blog18.fc2.com/tb.php/865-13115952
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。