2017 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
門入よさこい2015の8
- 2015/09/25(Fri) -
極さん

1K3A3019.jpg

1K3A3020.jpg

1K3A3026.jpg

1K3A3038.jpg

1K3A3093.jpg
ほろろさん

1K3A3116.jpg

1K3A3132.jpg

1K3A3150.jpg

1K3A3169.jpg

1K3A3211.jpg

輝連舞夢さん

1K3A3214.jpg

1K3A3216.jpg

1K3A3220.jpg

1K3A3224.jpg

1K3A3225.jpg


TADANO楽楽連さん。
最初は普通に撮ってました。
今まで私が何年も撮ってきたよさこい撮影は、全身を手足までできるだけ切れないように撮るってのが、基本的になスタンスでした。
ズームできない単焦点のレンズの場合は多少切れることが有りましたが。
他の方のよさこい写真を見て、どうしてあんなにバストショット(これは証明写真のように胸から上の写真を言います)ばかり撮るのだろうと不思議に思っていました。
今回の門入よさでカザミドリさんも終わったし、TADANO楽楽連さんのステージを328で撮ってました。
ちょうどいい場所(白バックの切れ目で緑の背景が遠い)にいた提灯のお姉さんを無精してそのまま328で撮りました。
そうしたら背中がぞくぞくするような絵がファインダーから。
今まで一杯写真を撮ってきましたがこんな感覚は初めてです。
どうやらよさこいに撮影に半角的に嵌ったようです(笑)。
重くて超絶な写りのレンズの328は早々担いで移動できないので(銭よさで重くて死にそうになりました)婆娑羅のお城前だけとか、門入よさ限定にします。
中望遠が必要ですね(笑)。

1K3A3251.jpg

1K3A3259.jpg

1K3A3269.jpg

1K3A3278.jpg

1K3A3291.jpg

1K3A3322.jpg

1K3A3348.jpg

1K3A3370.jpg

1K3A3373.jpg

風舞輝さん

1K3A3381.jpg

1K3A3401.jpg

1K3A3405.jpg

1K3A3434_20150925230828a21.jpg

さぬき踊らな連さん

1K3A3457_2015092523083034a.jpg

1K3A3467.jpg

1K3A3469.jpg

1K3A3480_2015092523090185f.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 祭り | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<門入よさこい2015の9 | メイン | 門入よさこい2015の7>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://apro.blog18.fc2.com/tb.php/1640-601a7c73
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。