2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
数えずの井戸
- 2014/08/16(Sat) -
京極 夏彦 著 『数えずの井戸』

むちゃくちゃに面白いです。
最近読む本が無くなっていたので、どうかなっと思った本をパラパラっと捲っていたら
あらっ、珍しい名前を発見!

こんなところに直木賞も取った『巷説百物語シリーズ』の又一さんの名前が。
早速読んでみました。

ベースになっているのは、1枚2枚とお菊さんの幽霊が井戸でお皿を数えて、
それを見た町人が8枚か9枚かどこまでがんばれるかと言う『番町皿屋敷』と言う会談です。
が、そこにいたるまでの話がめちゃくちゃに面白い。
話しはどんどん終盤に向かって加速して行き、一気にクライマックスへ。

怪談話では無いので幽霊はお話の中でおまけ程度に出てくるだけです。

こうなると残りの2冊、『嗤う伊右衛門』と『覘き小平次』も読まなくっちゃね。
やっぱり京極夏彦は面白い。

この怪談をモチーフにした古典改作シリーズ(江戸時代)、巷説百物語シリーズ(江戸末期から明治初期)、
百鬼夜行シリーズ(昭和の戦後)、そしてルー=ガルー(近未来)へといくつかのお話が繋がって行きます。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<まるがめ婆娑羅まつり2014の1 | メイン | ボーダーっ子>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://apro.blog18.fc2.com/tb.php/1476-710b5db5
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。