2017 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
誕生日
- 2014/05/12(Mon) -
今日はチャっピーの12歳の誕生日でした。
ちょいといつもの写真は飛ばして、昔を振り返ってみます。

ブリーダーさんからいただいた、ちびっ子チャっピーの写真。

11.jpg

20.jpg
チャっピーそっくりなお父さんコーギー。

071.jpg

あっという間に耳が立ったのでたれ耳写真が無いです(泣)。

FH000005.jpg

FH000009.jpg

この鼻点がなかなか消えずに。

FH000015.jpg

FH000016.jpg

FH000021.jpg

この頃からおもちゃのフリスビーで遊んでいました。

DSCF0007.jpg

同胎のレオンと。

DSCF0020.jpg

そして忘れもしない10年前。
散歩中に倒れて、心臓病だと。

Img0002.jpg

専門医で見てもらったら、こんな血液見たことが無い!
巨核芽球性白血病の診断が。
このままだと2歳の誕生日は来ないと言われました。

巨核芽球

泣きながら瀬戸大橋をわたった日から、抗がん剤とステロイドの集中投与で何とか寛解までたどり着きました。
それもこれも全て『山陽動物医療センター』の下田先生のおかげです。
近くに血液とリンパの専門医の先生がいてくれたお陰でチャっピーは助かりました。
ETCが無い時代に岡山まで通うのは大変でしたが。

ところで学会の発表では病名が「本態性血小板血症」って、聞いてないんですけど(笑)。

寛解、その時に言われた言葉がいまだに忘れられません。
「将来的には癌細胞が体中に回って死に至ります。」

あ~、そうなれば苦しみを長引かす前に安楽死だなと。
その時に漠然と、この子は10歳までは生きられないな、と思いました。
それならここから先は余生なので出来るだけ楽しもう。
下手でもディスクの試合に出たり、オフ会に参加したりと積極的に出歩いていました。

DSCF0022.jpg

初めての散歩友達になった凛ままさんの影響も有りましたが(笑)。

そうそう、気になっていた鼻点はステロイドを止めたら徐々に消えました。

それなのに何故か10歳を超えて生き延びて、12歳を迎えることが出来ました。
実際は10歳を越えた頃に再発しています。
先生とも相談して、年齢的に副作用が苦しい治療は行わずに対処療法で行こうと。
具体的にチャッピーの場合は、ハイドレアで血小板の数値だけを下げようってことに。
これで1年半ほど来ていますが何とか生きています。
もう早くは走れないので、ぼちぼちと気晴らしのディスクをしながらすごして行きます。
いつもお世話になっている皆さん、これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
この記事のURL | ワン | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<高知アジコンペの3 | メイン | 高知アジコンペの2>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://apro.blog18.fc2.com/tb.php/1456-c5639c7c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。