2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
- 2012/02/18(Sat) -
フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードに乗り換えました。
今まではケーブルテレビの10M契約で実測で8M程度出ていました。
でも回線が混んでく夜になると遅いです。
さらに写真をアルバムにアップしようとすると登りは512kbpsと遅いのでいらいらしてました。

ケーブルテレビが光を始めたので申し込みましたが既に一杯で次の回線待ちに。
ところがこれが何時になっても繋がりません。
そんな時にNTTさんから何百円かは高いのですが、フレッツ 光の案内があったので
200Mコースを申し込みました。

先ほど繋がったので回線のスピードテストです。

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.3
測定時刻 2012/02/18 13:01:55
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/香川県
サービス/ISP:フレッツ光ネクスト ハイスピード/nifty
サーバ1[NTTPC(WebArena)] 23.7Mbps
サーバ2[ さくらインターネット ] 19.1Mbps
下り受信速度: 23Mbps(23.7Mbps,2.97MByte/s)
上り送信速度: 20Mbps(20.4Mbps,2.55MByte/s)
診断コメント: フレッツ光ネクスト ハイスピードの下り平均速度は59Mbpsなので、
あなたの速度は少し遅い方ですが、もし無線LANを使用している場合は問題ありません。
(下位から20%tile)


WindowsXPでは遅いと思っていましたが案の定ですね。
ではここからいじって行きましょうか。

1.『窓の手2004』というフリーソフトを用いて、コネクション数を16に増やす。
WindowsXPの同時接続数の初期設定はモデムでダイヤルアップしてた昔の頃のまま変わってません。
これを増やすことで大幅な速度向上が期待できます。

と言うことでしたが、実際は何にも変わりませんでした。
まあこれは置いて置いてこれからがメインです。

2.MTU/RWIN設定値を最適なサイズに調整する。
MTUとはパケットサイズの上限のこと、RWINとは受信側のバッファ容量のことです。
この値を適正値にすることで、速度が劇的に向上します。

これはADSLの時にやってましたね。
Windowsが最新の回線速度についてこれないんです。
『EditMTU』というフリーソフトを使いました。

ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果
http://www.bspeedtest.jp/ v3.0.3
測定時刻 2012/02/18 14:24:45
回線種類/線路長/OS:光ファイバ/-/Windows XP/香川県
サービス/ISP:フレッツ光ネクスト ハイスピード/nifty
サーバ1[NTTPC(WebArena)] 44.6Mbps
サーバ2[ さくらインターネット ] 48.1Mbps
下り受信速度: 48Mbps(48.1Mbps,6.02MByte/s)
上り送信速度: 21Mbps(21.6Mbps,2.70MByte/s)
診断コメント: フレッツ光ネクスト ハイスピードの下り平均速度は59Mbpsなので、
あなたの速度は標準的な速度です。(下位から50%tile)


CATVの8Mから48Mへのアップですから6倍です。
後、ノートがどうなるかは今からです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<NDA バレンタインカップの3 | メイン | NDA バレンタインカップの2>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://apro.blog18.fc2.com/tb.php/1099-18d97fff
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。